4種類の免疫療法

ホームへ戻る >  RC造の住宅の評判  > 4種類の免疫療法

現在、医療機関で実施されている免疫療法には4つの方法があります。免疫療法は、幅広い範囲で免疫を高めていく非特異的ガン免疫療法、特に狙いを定めてガンを攻撃する特異的ガン免疫療法の2種類があります。どちらの種類でも使われている方法です。


1つ目は、サイトカインを使う方法です。サイトカインは、生理活性物質です。免疫細胞などの造血幹細胞から生まれる細胞が分泌するホルモンに似ていて、細胞間の情報伝達に役立つものです。細胞は、生理活性物資を開始、情報を伝達し、ガンなどの異物を排除しようとします。サイトカインを注入することで、免疫細胞の活性化に役立ちます。


2つ目は、免疫細胞療法です。非免疫細胞を採取し、人工的な方法で強く活性化させ、それから後に体内に戻します。

3つ目は、抗原を利用した方法です。免疫細胞が異物を攻撃する際、抗原が目印となります。ガン特有の抗原を免疫細胞に記憶させ、攻撃しやすくします。高原は、患者自身のガン細胞から採取する方法と、人工的に生成する方法があります。


4つ目は、抗体療法です。抗体には、獲得目値気ですが、生成する物質です。ガンなどに対する攻撃力は強いです。抗体を、体内に直接注入し、対象を攻撃させます。外B細胞から、直接注入します。 


医療機関で免疫療法を行う際は、これらの4種類の方法のうち、用途や症状に合わせて、使い分けていきます。一部のガンに効果的なもの、全般的なガンに効果的なものがあります。