おいしい水と水道水

ホームへ戻る >  付け八重歯の相場  > おいしい水と水道水

おいしい水というのは、都心部ではスーパーやコンビニなどで購入しないと手に入れることはできなくなっています。もっと原水がきれいな地域ならば、蛇口から出る水でもきれいでおいしいということもあるでしょう。しかし、日本全国がすべてそうではないのです。たしかに一定の基準を満たしたものが供給されているので、日本では水道水は安全なものだと言われています。それでも、市販されている水に比べるとそうではないのです。


なぜなら、水道水というのは原水を消毒、殺菌、浄化して各家庭に届けられているからで、原水が汚れていればそれだけ薬品できれいにしなければいけません。そのときに、残留物などがどうしても残ってしまうことも考えられます。あるいは、原水自体が汚染されている可能性も否定できません。それは工場排水などが混ざってしまうこともあるからです。そのときに、はたして飲料用として飲み続けても安全なのかという問題があるというわけです。

おいしい水というのは、都心部では水道からではなくコンビニやスーパーで購入するのが当たり前で、そのまま水道水を飲むということを避けているという人も多くいます。さらに言えば、もともとは各家庭においしい水を届けるための浄化施設や水道管が劣化してしまっているケースも考えられます。そうしたときには、危険性がまったくないという言い方はできなくなってしまうというわけです。とくに集合住宅などの水質はあまり良くないことが多いようです。