顎の矯正と親知らず

ホームへ戻る >  小児矯正歯科医院での診察  > 顎の矯正と親知らず

顎の矯正と親知らず歯並びと顎の発達には深い関連があります。小顔がもてはやされていますが、顔が小さいことの理由のひとつに顎が未発達であるということがあげられます。このような人は歯並びも良くないので矯正治療が必要です。


親知らずの乳歯はありませんので、生える場所が硬くなっていて育てにくいという特徴があります。親知らずは他の歯が生えそろった後にひっそりと生えてきます。口腔内の状態がよく、他の永久歯の歯並びが正常ならばまっすぐに生えそろうことが可能ですが、顎の骨格が未発達になっていることも多いために奥歯に重なるように生えたり、曲がって生えたりするケースも少なくありません。


また、歯ブラシの歯が届きにくいために虫歯になりやすいという特徴もあります。歯列矯正治療をするときに、親知らずが邪魔になることがあります。治療する前には虫歯の治療が必要なのですが、親知らずのリスクを考えた場合には、抜歯してしまう人もいます。

永久歯にすっかりと生え変わる時期は遅くとも小学校の高学年あたりです。親知らずは奥歯の奥に生える永久歯ですが、20代前半くらいまでには生えてきますが、知恵がついてから生えるため知歯と呼ぶこともあります。乳歯から生え変わる歯ではないので生えてくるときには痛みを伴います。


このため歯科では生えやすいように歯茎にメスをいれる治療を行うこともあります。親知らずはなくても差し支えがありませんので、歯列や顎の矯正を行なう前に抜歯してしまうこともあります。もちろん、噛みあわせに問題がなく、状態も良い場合には抜歯の必要はありません。