注文住宅の外壁素材として注文されているサイディング

ホームへ戻る >  注文住宅建築のための優先順位  > 注文住宅の外壁素材として注文されているサイディング

外観で最も重要視しているのが外壁です。注文住宅でも、そうではない場合でも外壁に時間を割いている方々も少なくありません。外観で外壁が占める割合はとても大きなものではありますが、外壁で最も多く使われている素材というのが「サイディング」です。サイディングと言ってもいろいろな種類があるので、対応する幅が広いということもあり注文住宅においても多く利用されています。


サイディングの特徴は、耐久性があり耐火性も備えている優れモノというところ。ですので、多くの注文住宅で用いられています。その他にもいくつかある外壁の中でも工場で大量に生産できるということもあって比較的安価で種類も豊富。つまり「取り入れやすい」というところがあります。もちろん、性能などを良いものにすればその分高くはなりますが、サイディングが今現在の主流となっているのは言うまでもありません。

サイディングは、加工がしやすいという特徴も併せ持っているために、タイル風のものがあったり塗り壁風のものがあったりとバリエーションが豊富なので、人それぞれ求めている外観が違っても、希望に添えるものを提供することができる場合も多いでしょう。また、サイディングにもいくつか種類があり窯業系や金属、木質、樹脂系があります。サイディングは、建物の規模によっても異なりますが、2~3日ほどあれば外壁を取りつけてしまうことができるという施工面でも大変すぐれた魅力を持っています。