注文住宅の外装の失敗例

ホームへ戻る >  注文住宅建築のための優先順位  > 注文住宅の外装の失敗例

注文住宅では、拘りを持ち設計をすることができます。もちろん外観にもたくさんの拘りを持って「ああしたい」「こうしたい」と夢を馳せているのではないかと思いますが、外観に拘ったからといって、全員が全員満足をしているわけではありません。もちろん、注文住宅では拘った分だけ満足度が上がるのは当然なのですが、外観こそできてみないと分かりません。また周囲の住宅などの状況や色によってもかなり変わってきてしまいます。


注文住宅において間取りに特に拘ってしまったことにより、外装が厄介になってしまったという方もいれば、デザインを重視したばかりに周囲の環境や状況との調和が取れず、浮いているように感じるといったケースも少なくありません。

また、多くの方が「失敗してしまったかも」と思ってしまうことというのが、実際にできてみての色味。注文住宅に限った事ではないのですが、外装を決めるのも見本などを見ながら決めていくほかありません。ほんの一部分を見せられて決めるわけですから、それが全体となって建物として現れた時の印象は変わることは十分にあり得ます。落ち着いた色だと思っていたら、太陽の光などでかなり明るめになってしまった。逆に暗い印象を与える外装になってしまったという方もいます。


このように、どんなにきちんと考えて決めたつもりでも、どんなに検討をしたつもりでも失敗してしまうことがあるということを頭に入れておきましょう。様々な住宅を見学して外壁もしっかりとチェックするようにしてください。