注文住宅建築のための優先順位

ホームへ戻る > 注文住宅建築のための優先順位

注文住宅建築後の問題点
注文住宅の外装で失敗しないポイント
注文住宅の外装の失敗例
これから住宅を建てられる方へ
注文住宅の外壁素材として注文されているサイディング

注文住宅に思い描くところはたくさんあります。「あれもしたい」「これもしたい」と注文住宅で夢を形にするために、色々な条件をあげてすべて設計に入れてほしいと思うもの。予算や土地の広さなどが全く制限がなければ、自分たちの夢を形にさせることはできるでしょう。


しかしながら、多くの家庭には事情や制約があります。土地の広さも限られて建ぺい率もあって、予算にも限りがある。これはごくごく一般的な家庭なら当たり前のことです。注文住宅に夢をもち、設計事務所の方々などに依頼をしながら形にしていくのも良いですが、自分たちが「これだけは譲れない」というものもきっとあるはずです。

それらを明確にするためにも、まずは自分たちがどんな家を建てたいのか優先順位とはっきりとさせるために、やりたいことはしてみたいことを箇条書きにしてみてください。「お風呂は広く」「リビングの中を通って階段を作りたい」「部屋を明るくしたい」「みんなが自然と集まれるスペースを作りたい」などなど何でも構いません。


設計事務所の方に依頼をするまえに、自分で夢を書き出すことで、どこに優先順位を持っていけばいいのかが明確になります。その譲れないところや絶対に家づくりには取り入れたいことが分かれば、おのずと家族が快適に過ごせる家をつくることができるのではないでしょうか。プロとは言っても、設計事務所の方も丸投げをされては困ってしまいます。自身の理想を形にしてもらうためにも、優先順位と譲れないポイントを絞っておきましょう。