歯科医師の年齢

ホームへ戻る >  歯医者のヒールオゾンの料金  > 歯科医師の年齢

歯科医師の年齢歯医者の選び方として頭に入れておきたいポイントに歯科医師の年齢があります。あまり意識していない人も多いでしょう。しかし、歯科医師の技量は経験と密接に関わってきます。いかに豊富な実績を持ち、さまざまな症例を目の当たりにし、患者ひとりひとの歯の状態に対応できるか、これは実務経験がものを言うのです。とくに現在の歯科業界では歯科医師の過剰が問題となっており、若い歯科医師が思うように経験を積めない環境もあります。若い歯科医師には厳しい評価となってしまいますが、年齢で選ぶことも大事なのです。


とはいえ、経験を重ねていればよいというわけではありません。ある程度の若さも必要です。基本的には外科的な治療となりますから、手先がしっかりと動くこと、視力が維持できていることなど、体力面の若さも必須なのです。

そのため老齢の歯科医師はいかに経験が豊かでもそれを活かせない可能性があるのです。


こうした面から考えても歯医者の選び方は30代後半から40代くらいの歯科医師を選ぶことが理想となるでしょう。この年齢は歯科医師として「脂が乗った時期」。日々の仕事の中でさまざまな症例と向き合っているため、適切な対応もとりやすいですし、体力的にも難しい治療を十分に行うことができます。歯医者の選び方に年齢を持ち出すのに違和感を感じる人もいるかもしれません。絶対に30代~40代でなくてはダメ、というわけではありませんが、ひとつの目安として頭に入れておくとよいのではないでしょうか。