歯医者のレーザー治療のメリットについて

ホームへ戻る >  需要の増えた訪問歯科  > 歯医者のレーザー治療のメリットについて

歯医者のレーザー治療のメリットについて現在歯医者の中では、必要に応じてレーザー治療を実施している所も多くなっています。患部に対してレーザー光線を照射することによって、治療を実施している手法のことを指します。ちなみに歯医者によって、使っているレーザー機器が異なることがあります。その結果、歯医者によって、レーザー治療を使ってできる治療とできない治療があることを認識しましょう。


ところで、レーザー治療を実施することによって、どのようなメリットを期待することができるのでしょうか?まず出血を最小限に抑えることができます。このため、患者の体にかかる負担を最小限に抑えることができるわけです。このほかにも、出血に邪魔されることなく、常に患部を確認しながら治療を実施することができるメリットもあります。

また歯茎の炎症を起こしているような状態の患者もいます。そのような人に、レーザー治療をすることで炎症を起こしている組織を取り除くことができます。高温の熱によって、患部を蒸発することができるからです。このため、治療中に腫れによる痛みを感じることをなくせます。


従来の虫歯の治療の場合、歯をドリルなどで削る工程がどうしても必要でした。もちろん痛みが強いこともそうですが、キーンという音が不快と感じる人も多いです。しかしレーザー治療の場合、このような不快な音を聞くことなく治療が受けられます。しかも痛みも少ないので、麻酔も最小限、場合によっては麻酔なしでも治療をすることが可能です。