歯医者の歯根端切除術と検査

ホームへ戻る >  需要の増えた訪問歯科  > 歯医者の歯根端切除術と検査

歯医者の歯根端切除術と検査歯根端切除術によって、治療を受けることもあるかもしれません。歯根端切除術は、歯ぐきを切開するという、外科手術の一種です。そこで通常歯医者では、歯根端切除術をする前に検査を実施することになります。


手術をする以上、歯根の内部の様子について、的確に把握する必要があります。各種検査を実施することで、患者の歯ぐきの内部の様子を確認して、どのように治療をするかのイメージを作る必要があります。ところで、歯根端切除術の検査を受ける場合には、マイクロサージェリーという検査を実施している歯医者のもとで、治療を受けましょう。


マイクロサージェリーとは、顕微鏡を使った検査のことを言います。

顕微鏡を使うことによって、患者の歯根の周辺の様子をより正確に、しかも細部にまで把握することができるようになります。マイクロサージェリーを使用することによって、歯医者はより正確な診断をすることができるようになります。また治療についても、より精度の高い施術を受けることができるようになります。


歯茎の内部の様子をより正確に把握することによって、ピンポイントで手術を実施することが可能になります。つまり手術をする範囲を、最小限に抑えることが可能になります。つまり手術をしてからの回復を早めることもできますし、傷跡も目立ちにくくすることができるわけです。歯根端切除術をする歯医者探しをするのであれば、マイクロサージェリーを導入しているクリニックをターゲットにして、探してみると良いでしょう。