歯医者になるには?

ホームへ戻る >  需要の増えた訪問歯科  > 歯医者になるには?

歯医者の医師免許歯医者になるには、どのような道をたどれば良いのでしょうか。医師には医師免許が必要ですが、歯医者になるにはどんな資格が必要なのでしょうか?一般的に、歯医者になるのは難関だと言われています。倍率も高いと言われており、誰もがなれるものではありませんよね。ただ、きちんとした道をたどり、努力すればだれでもトライできるのが歯科医への道。ここでは、歯医者になるにはどのような道が一般的かを紹介してみましょう。


歯科医師の資格は、国家資格です。この資格を得るためには、公的に認可された歯科医師の養成課程を持った学校に入学し、6年間のカリキュラムを修める必要があります。このなかで歯に関する基本的な知識や治療の方法、実技などを含む技術を身に着け、実習を経て歯科医師としてのスキルを蓄えていきます。

そのうえで、国家試験にチャレンジし、合格することで歯科医師の資格を得られます。その後は、数年間の臨床研修を経て、実際に治療に携わり、徐々に独り立ちしていくこととなります。


こうして確認してみると、歯科医師になるまでの道のりは非常に長いことが分かるのではないでしょうか。合格し、研修を経て一人前になったとしても、それがゴールではなく、歯科医師としてはスタートに立った瞬間といえます。その後、自分の専門を磨いたり、知識・技能を磨きながら治療に携わっていきます。新しい技術があればその勉強をしたり、トレンドについても目を配っておく必要があります。そう考えると、一生勉強し続けることが必要な職業かもしれませんね。